未分類

仮想通貨のCMが減少している理由

投稿日:

仮想通貨のテレビCMやwebCMが減少している理由についてですが、仮想通貨は今現在副業としてあまり成立してないという点があり、勝つ詐欺の相談が多い一つのジャンルとなっており、大手の仮想通貨の販売サイトや交換所においては、日本の金融庁から業務改善命令を受けるなどがあり、恐らく投資コンテンツとしては不明確であると判断されていると予測します。通常、仮想通貨に限らず、投資という物は、LINEなどを通して利用者を募ることはありません。

しかし、仮想通貨は、LINEなどを通してでも投資家となる人物を探しているためいわばどのような手段をもってしてもお金を集めるという意思があります。これは一見するとプラスの特性ではないかと疑われますが、実はそうでもなく、投資家を集める必要性があるというのは、投資家が少ない、もしくは投資をする人物がいなくなってきているが故マーケットを維持できないのではないかという声が上がっているのです。

そうなると真っ先に削るのが仮想通貨の宣伝費用になり、新しい仮想通貨が生まれても話題にならないのはこうした宣伝費用が減少しているためにだんだんと仮想通貨は廃れてきているのではないかという事情が起きていることです。
しかも、大手の仮想通貨の販売所ではキャンペーンなどを行っていますがこのキャンペーンもだんだんと規模を縮小している大手が存在しているところを見ると恐らく仮想通貨は今現在においては魅力という物が減少しつつあると言えます。

しかも仮想通貨は、証券では無い上、ただのデータの塊をやり取りしているにすぎないため、まだ会社という存在している物に投資をした方がリターンが望めると判断する人物の方が多いが故、もしもの時の返金制度のような物がない仮想通貨への投資をためらっているか、すでに投資をしていたがあまりにも不安定な市場であるために投資を諦めた人物が存在してもおかしくはありません。

その上で、仮想通貨のCMが減少している結論については、マーケットの維持が難しく、かつ仮想通貨の取引の成功を維持するために行われているマイニング作業も実は環境などを考慮したりした場合、不必要なまでに電力を消費することから、株のやり取りよりも劣る取引を手伝っているという印象も持ってしまうが故、仮想通貨はもはやお金持ちしか参入していない事業であると言えます。

その上で、自国の通貨を仮想通貨にする案についても電子カードによる通貨があるので恐らく仮想通貨をわざわざ作り上げる必要性は生まれないので仮想通貨は単なるデータ通信によるデータのやり取りのみにお金を出していると結論付けCMが減少しているのは必然であると言い切れます。

-未分類

Copyright© 株式会社ニュースのGoodニュース・サクッとプラスの利用者の口コミは?詐欺の被害に遭った人はいない模様 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.