未分類

バイナンスコインとは?

投稿日:

バイナンスコインとは、世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが独自に発行した、バイナンスの取引所内で使われる仮想通貨(トークン)のことです。

バイナンスコインのメリットとして、大手取引所のバイナンスが手がける仮想通貨(トークン)であり、バイナンスで使うことによって、取引手数料が割引される、両替できることが挙げられます。

バイナンスは以前、香港に拠点を置いていたことから中国政府による仮想通貨規制の影響を懸念されていましたが、2018年3月に香港から地中海のマルタ島に移転すると発表。Changpeng Zhao CEO(通称:CZ)は、移転の理由として、マルタ島がブロックチェーンに肝要であることや財政の安定性などを挙げています。

これにより、バイナンスが中国国内の情勢による影響を受けることはなくなったと言えそうですが、2020年2月、マルタ島の金融当局MFSA(Malta Financial Services Authority)は声明を発表。「(バイナンスは)仮想通貨領域での事業に必要なMFSAの認可を受けていないため、MFSAによる監督の対象になっていない」とし、同局がバイナンスに取引所を運営するための認可を与えたことを否定しました。

取引所のトークンとしては突出して人気が高く2021年3月現在、様々な機能を有する名だたる仮想通貨をおさえて時価総額ランキング3位につけています。

なお2021年3月現在、仮想通貨取引所のバイナンスは日本の金融庁による事業者登録は受けておらず、バイナンスコインも国内取引所での取り扱いがありません。

Binanceブロックチェーンは、ビザンチンフォールトトレランス(BFT)コンセンサスメカニズムを使用しているため、プルーフオブワークを採用する仮想通貨のようにBNBをマイニングすることはできません。代わりに、ブロックを検証し、ネットワークを保護することで報酬を得るバリデータが存在します。

BNBがBinanceチェーンに移行する以前、Binanceはスマートコントラクトのバーン機能を使用してEthereumネットワーク上でコインバーンを実行しました。Binanceが焼却したコイン量は、取引所の3ヶ月間の取引数に基づいています。バイナンスチェーンのローンチ以来、BNBコインの焼却はEthereumネットワーク上で行われなくなり、スマートコントラクトとは対照的に、バイナンスチェーンで特定のコマンドを使用して行われています。

-未分類

Copyright© 株式会社ニュースのGoodニュース・サクッとプラスの利用者の口コミは?詐欺の被害に遭った人はいない模様 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.